今見ているページ > ヘルペス治療薬の通販情報

ヘルペス治療薬のピックアップ

性器ヘルペスや口唇ヘルペスの治療薬をピックアップして紹介しています。

ゾコビン(Zocovin)ジェネリックゾビラックス400mg

ゾコビン(Zocovin)ジェネリックゾビラックス400mgは、ヘルペス治療薬であるゾビラックスのジェネリック医薬品で、経口摂取するタイプです。

ゾコビンは抗ウィルス剤であり、性器ヘルペスの治療および予防、そして、帯状疱疹および水痘の急性治療にも用いられます。

ヘルペス、水痘、帯状疱疹は、全てウィルスが原因の病気で、ゾコビンはこれらのウィルス複製を抑え、健康な細胞への拡散を食い止めます。

ゾコビン(Zocovin)の日本名としては、アシクロビル錠、ビゾクロス錠、クロベート錠、アクチオス錠、アイラックス錠、ファルラックス錠、ゾビクロビル錠、ビルヘキサル錠、アシクロビル、ゾビラックス錠、アシクロビン錠、ビクロックス錠、ベルクスロン錠、アシロミン錠という別名があります。

ゾコビンの効果としては、ヘルペスウィルスの増殖を抑え、口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹の症状を緩和します。また、ヘルペス再発を阻止する効果もあります。

ゾビラックス(Zovirax)200mg

ゾビラックス(Zovirax)200mgは、単純ヘルペスウィルスや帯状疱疹ウイルスの増殖を抑える医薬品です。

主な用途としては、単純疱疹や帯状疱疹の治療や骨髄移植時の疱疹の発症の抑制、そして、小児の性器ヘルペスの再発の抑制などがあります。

単純ヘルペスには、角膜ヘルペス、口唇ヘルペス、カポジ水痘様発疹症、ヘルペス性歯肉口内炎などがあり、単純ヘルペスは、体のどの部分にでも感染して皮膚や粘膜に水ぶくれを起こします。

ゾビラックスは単純ヘルペスウィルスや帯状疱疹ウイルスの増殖を抑えるので、発症初期に用いると効果的で、発症の初期段階に服用することで悪化を抑えらることができ、治癒が早まります。

ゾビラックス(Zovirax)のメーカーは、GlaxoSmithKline Australia Pty Ltd.です。

ゾビラックス(Zovirax)400mgタイプもあります。

バルシビル(Valcivir)500mg

[バルトレックスジェネリック]バルシビル(Valcivir)500mgは、バルトレックスジェネリック医薬品で、有効成分のバラシクロビル塩酸塩を含有する抗ウイルス剤です。

単純ヘルペス、水痘疱疹、帯状疱疹などに効果があります。

バルシビル(Valcivir)の用法としては、単純疱疹の場合、通常成人は1回500mgを1日2回経口服用し、帯状疱疹の場合、通常成人は1回1000mgを1日3回服用します。

バルシビルの日本名としては、バルトレックス錠(GSK)、バラシクロビル錠といった別名があります。

副作用として、下痢や吐き気等胃腸への症状、発疹、めまい、眠気、頭痛などがあります。

バルトレックス(Valtrex)500mg

バルトレックス(Valtrex)500mgは、ゾビラックスの改良版で、ヘルペスウィルスの増殖を抑える薬です。

単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、水痘の治療に用いられます。

用法としては、単純疱疹の場合、通常成人は1回500mgを1日2回経口服用し、帯状疱疹の場合、通常成人は1回1000mgを1日3回服用します。

バルトレックス(Valtrex)を服用する上での注意事項としては、肝臓、腎臓が悪い方、子供、高齢者の場合は注意が必要で、痛風、胃薬、免疫抑制剤、喘息等の薬と同時服用する場合は特に注意が必要になります。

カンジダ症治療薬

ヘルペスではなく、カンジダ症の場合には、カンジダ症治療薬の通販情報(http://カンジダ症.heslerag.com/)を参考にしてみてください。